忙しい毎日に歌とリズムと「かみさま」を

土曜の午後のキールタン (12月11日)





今回で、4回目となりました。


寺崎先生のキールタンのワークショップです。


12月に入ると、とたんに街の空気があわただしく感じられますが、そんな時こそキールタン。


キールタンとは、「歌うヨーガ」


心を込めて身体を動かすように、心を込めて音を発して、その響きを身体中にいきわたらせます。




では、どんな音を発するか。



わたしたちの知っている音の連なりのなかで、一番質のよいもの。


わたしたちの想像しうる言葉の中で、一番高貴なもの。


それは、古くから、それぞれのグループの人々に伝わった、わたしたち日本語を使うグループにしてみれば「かみさま」と同じ意味を持った言葉。


「クリシュナ」

「シバ」

「ラーマ」

「バールバティ」

「サラスワティ」


さまざまな名前が歌われますが、そもそも、それぞれは、カスピ海の南岸からインド亜大陸にかけての、いくつものグループの人々はそれぞれに心に抱いた「最上のもの」、あるいは、それに呼びかける言葉でした。


それぞれの名前に馴染みがなくても大丈夫。


それぞれの音節を続けて発していくうちに、実に、その言葉の力を頂けるようになります。




こうした「歌」のエネルギーを感じて、活かしていくのが、「歌うヨーガ」=キールタンです。



今年最後のキールタンの、そして、集いの機会です。


ぜひご参加ください。


そして、集中の後の解放感と静けさにひたりましょう。





講師:寺崎 Sita 由美子先生














2002年より友永ヨーガ学院でのハタヨーガ実践を経て、2005年 International Sivananda Yoga Vedanta Center(アメリカ)の指導者養成コースを修了後、様々な現場での指導にあたっている。2008年上級コース(インド)の修了後は、日本各地、インド・タイ・スリランカ・UAEなどで指導を行う。2010年より Swami Govindananda Saraswati師の助手として、ケーララ、マハーラーシュトラのアーシュラムで教鞭をとりつつ運営に携わる。2016年にキールタンのCD「Sita」をリリース。RYT500修了。指導領域は、ハタヨーガ指導法の他、ラージャヨーガ、ニャーナヨーガ、サンスクリット語など。2020年のコロナパンデミックをきっかけに現在は日本を拠点とする。