プラーナ 37号

院長コラム

「わたし」の取り扱い説明書その8

話/院長・友永淳子

文/副院長・友永乾史

ヨーガの修行法が確立してきた頃、パタンジャリという賢人によって『ヨーガ・スートラ』という教典が編まれた。その中核となるのが、八支則という教えで、今でもヨーガを学 ぶ上での指針となっている。その最初は、禁戒(ヤマ・しては いけないこと)、二つめに、勧戒(ニヤマ・するべきこと)と続く。 今日はそのニヤマ・勧戒の最後に挙げられる、イーシュワラ・ プラニダーナ(自在神への祈念)について、私なりに解説したい。
 

今のイラン北部のほうから、馬を引き連れインドまでやっ てきたアーリア人たちには、まだイーシュワラという言葉はなかったらしい。嵐を神とみてルドラとよび、暁を神とみてサヴィトリと呼んだ。しばらくしてからそれらを抽象化して、それぞれを司る背後にある力という意味で、イーシュワラという言葉が作られた。

今、この紙面に光があたって反射し、皆さんの目の網膜に光が当たり、その光が、電気信号となって、脳の中に入っていく。後頭部にある視覚野を通じて、運動野で音声として再体験してから、言語野で皆さんの言葉の記憶と照らし合わされる。そこでこの文章を作る文字のつながりが意味をなし、皆さんと私の間にコミュニケーションが成り立っている。


この紙面にあたる光は、太陽光でも、電気の光でも、元をたどれば、宇宙のエネルギーと呼ぶほかないものである。網膜から電気伯号が脳内を駆け巡ることができるのも、「脳」 と読んで、「脳」をイメージできるのも、今日食べたものが消 化吸収されて、血液に運ばれて、エネルギーとして働くから である。この紙も、これを持つ手も、それを支える身体も、 身体を支える大地も、それもこれも、元をたどれば、すべて は宇宙のエネルギーだと言える。

五感を保ち、意識を保ち、理解をもたらしてくれる、私た ちを成り立たせてくれるすべてのもの、つまりは、宇宙のエネルギーを成り立たせているもの。シバ神を信仰する人はそれ をシバと呼び、クリシュナ神を信仰する人はそれをクリシュナと呼ぶ。それは大日如来でも、ムハンマドでも、イエス・キリストであっても構わない。神という概念になじみが薄ければ、「宇宙の法則」と名付けても構わない。そうしたそれぞ れの名前の、法則の背後にあるものがイーシュワラだ。

 

こうした宇宙のエネルギーを支えるもの、つまりはイーシュワラワラと同化すること、自分を切り離さないこと、つまり、「結ぶ」ことがヨーガである。結ぶという意味の動詞である)イーシュワラの働きから自らを離さないで、結びつけておくことこそが、ヨーガであって、なによりの「わたし」の取り扱い方法なのだ。だからこそ、イーシュワラを感じ取り、それと同化することが、非常に大切なヨー

ガの土台であって、ここから次のステップである、アーサナやプラーナヤーマヘとつながっていく。

 

パタンジャリのころには、もうバクティヨーガ、すなわち、イーシュワラ(あるいはその化身である神々)を敬愛するという形のヨーガが成立していた。それを想い、愛し、つねに共にあるという感覚を育むことは、バガヴァッドギータで称揚されているとおりである。

 

イーシュワラを身体で、呼吸で感じ取ることをハタ・ヨーガ。理解することをジュニャーナ・ヨーガ。それに奉仕することをカルマ・ヨーガという。それぞれ、ヨーガという革新的な自らを扱う方法を現代まで運んで来た。ヨーガが生まれるまでは、人の幸福は儀式や礼拝を通じてしか得られないとされて

いた。ヨーガは、どんな人でも、直接に幸せを手に入れる術」として広まり、お釈迦様の誕生を助ける士壌となった。

​今季のレッスン

 
 

4月

ヨーガとは何でしょう

アーサナ

胸と脇を開くポーズ
つりばりのポーズ
スフィンクス(コブラ)
​胎児のポーズ

プラーナヤーマ

腹式と胸式呼吸
​もしくは完全呼吸法

​休館日

29日、30日

5月

ヨーガと健康について

アーサナ

日輪拝
立ち木ヤシの木
ワニのポーズ
毛細管運動

プラーナヤーマ

ナディーショーダナ
カパーラバティ

​休館日

29〜31日

6月

ヨーガの八つの教え(1)

アーサナ

ねじりのポーズ
前屈or開脚前屈
英雄のポーズ(1-11)
シャバ・アーサナ
プラーナヤーマ

プラーナヤーマ

カパラバティ
ナディーショーダナ

​休館日

29 日、30日

7月

ヨーガの八つの教え(2)

アーサナ

太陽礼拝
カタツムリのポーズ
スキのポーズ
逆転のポーズ

プラーナヤーマ

シータリもしくはシートカリ、
ウジャーイ

​休館日

29日〜31日

8月

呼吸法を生活に
取り入れましょう

アーサナ

三角と変形のポーズ
バッタのポーズ
①ウサギのポーズ
②立位開脚前屈
③カラスのポーズ
(①〜③うちのいずれか)

プラーナヤーマ

カパラバティもしくは
ブラーマリ
またはスックワプルヴァカ

​休館日

14〜17日

9月

瞑想を生活に
活かしましょう

アーサナ

①カラス
②三点頭立
③シルシアーサナ
(①〜③のうちいずれか。もしくは太陽礼拝あるいは月の礼拝)

プラーナヤーマ

腹式と胸式呼吸
​もしくは完全呼吸法

​休館日

29日、30日

 

ヨーガを楽しむヨーガを深める自分をよく知る

特別講座・

イベント・ワークショップ

足圧法踏み合い会

日時: 4/4、5/16、6/6、7/4、8/1,9/5 すべて土曜15:00-17:00
講師:遠山智子
費用:会員 2000 円 一般 3,000 円 ペア割 3,000 円

瞑想会

日時: 4/11 、5/23、6/13、6/27、7/11 、8/29、9/12 (すべて土曜) 8:00-9:00
講師:友永乾史
費用: 909 円(会員、一般とも)

ヨーガニドラ

深く自分をくつろがせる

日時: 4/11 (土) 15:30-17:00
講師:須田育
費用:会員 3,000 円 一般 4,000 円

身体の調べを整える倍音浴ヨーガ

シンギングポウルでどこまでも自分を寛がせよう

日時: 4/25 (土) 15:00-17:00
講師:陸川厚子
費用:会員 3,500 円 一般 4,000 円

女性のためのやさしいヨーガ

妊娠中、産後の方、ハイハイまでの赤ちゃんもこ一緒に入れます

日時: 5/2 (土)、6/13 (土)、7/11 (土)、9/19 (土) 15:00-16:30
講師:遠山智子
費用:月謝、チケット1 回分もしくはドロップイン料金
(杉並区子育て応援券はドロップイン料金となります)

パパママ&キッズヨーガ

日時: 5/23 、7/25、9/26 (すべて土曜日) l 5:30-1 6:30
講師:和田まり子
費用:会員 3,000 円 一般 4,000 円

第l l 8 回ヨーガ断食講座

第118 回説明会 6/20 (土) 15:00ー 
講座期間:6/22 (月)ー6/27 (土)
講師:友永乾史、遠山智子
喪用:会員 40,000 円 一般 44,000 円
(次回の第119 回講座は、説明会10/17 (土) 15:00ー講座期間10/18 (月)ー10/24 (土)を予定しています)

夏のシェイプアップ講座

日時: 8/14 (金)、 15 (土)、 16 (日)、 17 (月) l 0:00-l2 :00
講師:上田玲子
費用: 1 回 4,000 円 4 回通し 12,000 円(会員・一般とも)

足圧法基礎コース

講師:須田育
費用:基礎会員30,000 円一般35,000 円

2020年4月期(3か月問で全8回すべて土曜日)
無料体験会:4/11 (土) 13:00-15: 00
講座日程:4/11 、4/18、4/25、5/9、5/16、5/23 、6/6 、6/27 計8回 13:00−15:00


2020年7月期(3か月問で全8回すべて土曜日)
無料体験会 7/4 (土) 13:00-15: 00
講座日程:7/4 、7/11 、8/1 、 8/8 、8/22、8/29 、 9/5 、9/12 計8回 13:00−15:00

吸法講座

日時 9 月12 日(土) 15:00-17:00
講師:友永乾史
費用:会員3,500 円 一般4,000 円

至福のわたしに還る~倍音浴リセットヨーガ

クリスタルポウルの倍音浴たっぷりのこ壌漢iヨーガ

日時: 8/15 (土) l5 :00-l7 :00
講師:合田三知花
費用:会員 3,500 円 一般 4,000 円

 

編集後記

すべては宇宙のエネルギーであり、それをイーシュワラという神さまの大ボスだととらえる
と、なぜ、「悪い」こと、「大変なこと」、「悲劇」、あるいは「間違い」は起こるのかという疑問が湧いてこないでしょうか。

すべては神の御業だとすれば、神はなぜ、私たちを苦しめるのでしょうか。なぜ、よこしまな思いは湧いてくるのでしょうか。「自由意思VS運命論」というスワミ・シバナンダの書かれたエッセイは、この問いにこう答えます。

「演者(この世に生まれた人間)が行うことは、常に二つの面に影響をもたらす。内なる面においては、よい行いをすればその人によい性向を、そうでなければ悪い性向をもたらす。同様に、外なる面においては、よい行いをすれば果報がもたらされるし、そうでなければ罰せられる。このように、過去の行いは、内向きにはその人の性向として現れ、外向きにはその人の運命として現れる。何かを行うと、ささやかな印象が潜在意識にもたらされる。そうした印象が性向を作る。性向は繰り返しその行いをさせることで、癖を作る。そうした癖がその人の性格を作る。そして、性格がその人の運命を形どる。潜在意識から、性向ができ、癖となり、性格を作り、運命として現れる」

人には、自由な意思がある、そして、その意思によって選んだことが、心に積み重なって、しまいには、その人の性格となって、その人にいろいろなことが起こるというのです。そしてそれは、生を超えて影響し続けるというのが、ヨーガの世界観です。
捉え方によっては、非常に厳しい考え方のような気もします。でも、今自分のある状況を好転させていこうとするとき、ここ以外に立つ瀬はないような気もします。いかがお考えになられるでしょうか。

TEL 03-3393-5481
 

友永ヨーガ学院 〒167-0043 東京都杉並区上荻1-18-13 文化ビル 3F