top of page

10/15(日)6:00 新月の朝の瞑想会

瞑想を日常にするきっかけに




初めて作る一皿。


その味見をするとき、わたしたちは全身を舌にしてその味を確かめようとします。


そのひと口が口中に広がり、全身に広がるとき、わたしたちはその味と一体になっています。



このように、意識を一点に集中しつづけて、対象と一緒になってしまうこと。


これをヨーガでは、瞑想(ディヤーナ)、そして、三昧(サマディー)と呼びます。



いままでは主に、さまざまな呼吸法を行い、それぞれのもたらす感覚に意識を向けてきましたが、今回はその時々に応じて、呼吸や音、自分の身体の特定の部位や、イメージなどに意識を向けてみましょう。



瞑想は、最初は難しいとお感じになると思いますが、続けていくうちに、ご自身にとって、とても大切な習慣になっていくと思います。



そのきっかけとなればと願っています。



17日(木)朝6時からのオンラインでの開催です。


落ち付ける座りやすい場所からご受講ください。


お申込みはこちらからどうぞ → https://bit.ly/newmoonmeditation_231015

Comments


bottom of page