Yoga news image
2020.9.4

友永ヨーガ学院の「新しい生活様式」 – 人との間隔広くとって よい空気の巡りを心がけています

友永ヨーガ学院の「新しい生活様式」

人との間隔広くとって よい空気の巡りを心がけています

「新しい生活様式」って、なんだか、まだうまくなじめない言葉ですが、「withコロナ」の時代、わたしたちの大切な医療システムを守っていくために、できるだけ感染者の数が急増しないよう、日々の生活のなかで心がけたいことはありますね。

ここであらためて、 わたしたち友永ヨーガ学院が注意していること、そして、大切にしていることをお伝えしたいと思います。

人との間隔広くとって よい空気の巡りを心がけています

大阪大学免疫学フロンティア研究センター招へい教授宮坂昌之先生によると、

  • 1)多くの飛沫は2メートル以内で地面に落ち、1.5メートル離れれば飛沫を浴びる可能性は極めて小さい
  • 2)マスクをつければ9割の飛沫は防げる
  • 3)微小飛沫は残るが換気すれば飛散することが確認できた
  • とのことです。
  • (2020年7月18日朝日新聞 be report より抜粋)

わたくしたちも、以下の対策をとって、ウィルスの感染を防ぐ努力をしています。
(6/6にお伝えした内容に加筆、編集しています)

1、通常定員40名としている教室の定員を9名としています。

友永ヨーガ 教室

こちらの写真のとおり、前後、左右とも、非常に広いスペースが空いています。

講師の台と最前列の間(マットの前のへり)  270センチ
マットの間(マットの後ろの縁と前の縁の間) 160センチ

風通しはとてもよい教室です。

窓とドアは、開け放して、空気清浄機を2台、サーキュレーターを3台設置して常時稼働させています。

友永ヨーガ 教室 窓

友永ヨーガ サーキュレーター 空気清浄機

おそらく、ご家庭以外で、どこにいるよりも安心を感じられる場所だと思います。

2、 通常90分の1レッスンを75分としています。レッスンの間隔をあけることで、密になることを防いでいます。

会員の皆さまが、学院に滞在する時間ができるだけ重ならないように、レッスン間隔を長くとりました。

< withコロナ期間中 時間割はこちら >

3、 更衣室に入れるのは、同時に最大3名としています。(男性は1名さま)もし先に3人が使用されていましたら、受付前でお待ちいただいでおります。

友永ヨーガ 更衣室 人数ボード

ボードで入室されている人数がわかるようになっています。

友永ヨーガ 女性更衣室

友永ヨーガ 女性更衣室 窓側

更衣室はおよそ14畳の広さ。もちろん使用する時はブラインドを降ろします。

4、毎月2回の講師会をオンラインで行っています。

講師が一同に会する機会を減らしています。ZOOMを使ったオンラインミーティングで、「新しい生活様式」下のヨーガ指導について講師一同、学んでいます。

友永ヨーガ 講師会 zoom ミーティング
(8月24日講師会から)

5、いままで以上に清潔、清浄に気を使っています。

ヨーガの教えのなかで、とても大切なこととして、「清潔、清浄を保つ」という意味の、シャウチャという言葉があります。

これは、もちろん、物理的にもきちんと、清潔に気をつかうという意味もあります。そこで、今まで以上に、手すりやドア、ロッカーなどの消毒、清掃をまめに行うようにしました。また、以前同様に、毎日の掃除機掛けも欠かしません。

6、精神的にも清潔でいようと心がけています

さてに、このシャウチャという言葉には、精神的にも清潔であるという意味が込められています。精神的に清潔とはどういうことか、それは、あまり自分の欲に引っ張られすぎない、耽溺しないということになります。

なかなか簡単ではありませんが、やはり、感覚の対象に引っ張られすぎると、どうしても生活のリズムが乱れて、心身の健康のバランスも崩れやすくなります。

味覚に走れば食べすぎてしまうし、見たいもの、聞きたいもの、読みたいもの、どんなにそれが魅力的でも、すべて、過ぎては健康を損ないます。

7、つまるところ、私たちが一人ひとり、元気であることを心がけています

ウィルスから距離を置くことも大切ですが、同様に大切なのが、わたしたち一人ひとりが、元気ではつらつとしていることです。

新型コロナウィルスは、抗体を持つことだけで抵抗できるのではないと、先にあげた宮内先生はおっしゃいます。

わたしたちの免疫系は、わたしくしどもの広めているようヨーガのように、リズムと呼吸を伴った、ゆったりとした動きの中で緊張とリラックスを繰り返すことで、深くくつろぎ、回復され、高まります。

そうした、高い免疫の働きこそがコロナに対峙する一番大切なものと言えるそうです。

コロナは怖いものではありますが、恐れてばかりいては、免疫力も下がってしまいます。時には日常から脱出できる、当院のような広い教室にお出かけいただいて、芯からくつろがれることをお勧めいたします。

もちろん、どうしてもご不安がぬぐえない場合がご自宅にて過ごされるのが一番です。その場合も、ぜひオンラインレッスンのご活用をご検討ください。週に33のレッスンを受講いただくことができ、教室で行うのと同じように、深くくつろいだ呼吸ができるようになると好評をいただいております。

< オンラインレッスン時間割 >