Yoga news image
2018.10.16

【次回11月】The フェルデンクライスメソッドコース 心と身体をより自由により快適に 10/20(土) update

10/16 update

Theフェルデンクライスメソッドコース(8月-10月期)の最終回は今週末20日(土)10:30~開催です。フェルデンクライスメソッドは、自分の動きの癖をごくごく簡単な動きから探り、認識して、質の良い動きのパターンを獲得すること。ご参加をご希望の方は、予約フォームよりご予約ください。どうぞよろしくお願いいたします。(次回のTheフェルデンクライスメソッドコース(11月-1月期)は11月24日(土)から初回がスタート ⇒ フェルデンクライスメソッドコース 11月-1月期

2018.7.12

The フェルデンクライスメソッドコース

自分をよりよく知るための優れたメソッド

2018年8月4日(土)~10月20日(土) 全6回 土曜10:30 -12:00

フェルデンクライスメソッドコース 2018年5月~7月 イメージ

赤ちゃんは
誰から教わらなくても
寝返りをうち 這いだし 
立ち上がり 歩くようになる

人間はいくつになっても 
そのように自分の動きを発展させて
心と身体をより自由に 
より快適にさせていくことができる

フェルデンクライスメソッドとは?

フェルデンクライスメソッド(R) とは、モーシェ・フェルデンクライス博士(1904年~1984年)によって開発されました。

モーシェ・フェルデンクライス博士は、東ヨーロッパ生まれの、エンジニアであり、物理学者であり、発明家であり、柔術家であり、かつ、人間の進化についての学徒でした。パリで嘉納治五郎に出会い、黒帯を得た最初のヨーロッパ人のひとりでもあります。膝の大けがで苦しんだ博士は、動きと意識の関係について論考を始めます。

この過程で、解剖学、生理学、発達学、運動科学、進化史、心理学、そして、さまざまな東洋の心と身体、意識に関するメソッドを学び、メソッドを進化させました。 さまざまな方面で、多くの人に指導を行い、多くの著書を残しました。 演劇人であるピーター・ブルック、ヴァイオリニストのユーディー・メニューインには長年の指導を行い、文化人類学者のマーガレット・ミードと共に研究を深めました。博士の業績は、広く神経科学、心理学、演劇、スポーツ、リハビリテーションなどの分野で役立てられています。

非常に奥深いメソッドですが、グループレッスンでは、ごく簡単な動きを、指導員の指示のとおりに反復することで、自然と自分の動きの癖に気づくように設計されています。最初は何を行っているのか、ピンと来なくても、レッスンが終わった後には、身体の緊張が深いところでとれて、くつろぎに包まれいるのが分かります。

  • 【 日時 】:8/48/259/89/2210/6、10/20
  • (全6回)土曜 10:30~12:00
  • 【 費用 】:1回4,000円・全6回受講 19,500円 (税別)
  • 【 申込 】:受付デスク又は予約フォームにてお申込みください。
  • お問合せ: 03-3393-5481
片桐 由利

【講師プロフィール】
片桐由利

友永ヨーガ学院 第5期指導者養成コース修了
スキーでの腰椎骨折のリハビリとしてヨーガに出会うからだの快適さや、動きのレベルアップを目指すうちフェルデンクライスメソッドに出会い8年。ヨーガとフェルデンクライス、2 つのメソッドの融合に奮闘中。
国際公認フェルデンクライスメソッド プラクティショナー
日本フェルデンクライス協会会員
「生産性の向上、QOL の向上に、表現力、創造力、コミュニケーション能力の向上にスポーツ、武道、楽器、ダンスなどの上達にけがや障害の機能訓練の一環として、そしてなによりストレスから心と身体を解き放つためにフェルデンクライスメソッドを活かして頂きたいと願っています」