Yoga news image
2019.6.14

【次回10月】めぐりが整えば 夏も涼しい – 第115回 初夏のヨーガ断食講座 – 通いのヨガファスティング(115th Yoga fasting course) update

6/14 21:50 update

恐れ入りますが、ウェブからのお申込は終了いたしました。ただいま36名様のお申込みを頂いておりますが、あと2名様ご参加頂けます。ご参加を希望される方は、明朝9:00以降にお電話にて確認ください。(03-3393-5481)よろしくお願いいたします。

6/5 update

来週の15日(土)から開催の「初夏のヨーガ断食講座」、定員まであと残り少なくなってきました。まだお申込いただけますので、ご参加をご希望の方は、お早めに予約フォーム又は受付にてお申込みください。どうぞよろしくお願いいたします。

2019.5.10

第115回 初夏のヨーガ断食講座

日常の生活を行いながら、通いヨガファスティングコース

説明会:2019/6/15(土)、講座期間:6/17(月)~ 22(土)

ヨガ 断食 2019年6月 イメージ

めぐりが整えば 夏も涼しい

どんなに暑い夏がやってきても
胃腸が元気に働いて
思考に滞りなく
気持ちよく汗をかければ
快適に過ごせます

そのためには
よく胃腸を休めて
心地よく身体を動かして
身体中のめぐりをよくしていく
ことが大切です

薄着になる季節
身体のラインも整えて
悠々快適に過ごしましょう

  • 友永式ヨーガ断食講座は、
  • 1)歴史ある安全、安心のヨーガ行法を行いながらの断食講座です
  • 2)ご自宅から通って一週間で終了します
  • 3)お粥 ⇒クリームと減食して、飲料だけの本断食は二日間です
  • 4)通常の食事に戻す復食期間が講座終了後二週間必要です

(※ 通いの講座です。平日日中にお勤めの方はもちろん、遠方から通われる方、また荻窪近辺に宿泊されながら通われる方がいらっしゃいます)

初夏のヨーガ断食講座 日程:

【日時】:

• 説明会: 2019/6/15(土)10時~又は17時~(同じ内容です)

 講座の内容をしっかりとご理解いただく為の説明会です。受講を決められた方は、説明会の後に、指導を担当する友永乾史副院長、遠山智子講師による個人面談を行います。ここでお一人お一人のお話を伺い、それぞれの方に合った指導方針をたてさせて頂きます。

(※ 受講者の説明会参加は必須です。10時又は17時どちらかにご参加ください。説明会に早くいらっしゃった方から先着順での個人面談になります。説明会は約1時間、個人面談はお一人5分~10分程度かかるとお考え下さい。参加を決定された方は当日15日(土)から減食を始めて頂きます)

• コース期間: 6/17(月)~ 6/22(土)

レッスン時間:

iizuna2

  • ・ 朝ヨーガ 7:00 ~ 8:00
    (期間中の月~金 玄関は6:30に開きます。)
    朝ヨガ週間 6/17 ~ 6/21
  • ・ 断食特別クラス
    11:45 ~ 12:45(月~土)

 11:45~ 12:45 は断食講座特別レッスンです。レッスン後に断食参加者ミーティング( 1時間程度 )を行います。このお昼の断食特別レッスンに来られない方は、時間割に記載されているレギュラークラスへ振替ください。朝ヨーガには何度でもご参加頂けます。朝ヨーガにご参加される場合は、1日2回まで(朝ヨーガ + 断食特別レッスン、または、朝ヨーガ + 通常のレギュラークラスへの振替)レッスンにご参加頂けます。それ以上のレッスン参加は有料となります。

• 復食説明会: 6/22(土)断食特別レッスン終了後

レッスン後の約2時間、復食方法の説明会を行います。断食の効果をよりよいかたちで持続させる為のお話です。

(※ 断食講座特別レッスン終了後・講座参加者のみ)

断食講座の受講者の感想

(昨年10月の第113回ヨーガ断食講座の感想文から抜粋)

Aさん
 仕事中心で頭ばかり使っている日常。神経をすり減らしている。頭でっかちでからだを使えていない。パソコンとにらめっこ。こころは閉じたまま自分の気持ちを押し殺してしまうことが多い自分。そして9月頃は体調も優れず、何か変わりたい、何かを変えたい、今がチャンスなのかもと思い始め、断食講座を申し込んだ。
 断食前はとにかく眠くて眠くて・・・ふらっとするような感じもあったのに断食中は食べていないのに元気でからだの軽さがあり、その時にヨーガを行うとからだが楽になり、しっくりくる感じがあった。
 ヨーガをしているとからだと心のつながりが感じられる時があって、細胞にまで空気が入ってくるようで、宇宙と一緒になっていく嬉しさがあって、こころから「わーしあわせ~」という気持ちが湧いてきて、自分がある、自分がいるということを改めて実感することがある。自分のからだをていねいに扱う。日常のことをていねいに行ってみる。それが自分を大事にすることにつながってHAPPYが増えていくと感じているので、断食を通してまた自分のありようを再確認できたと思います。

Bさん
 10月に50歳になり、心身ともにリセットして、これからの人生をより健康に過ごしたいという理由で参加しました。
 期間中は自分の身体にどのようなことがおこっても、すべて受入れるという気持ちで過ごしました。減食が始まって月曜日は身体が軽く夜もなかなか寝付けないほどハイテンションでした。火曜から木曜は朝起きると低血糖症状で、なかなか着替えることができないほどでしたが、そのまま寝込んでいても改善はしないと思ったので、頑張ってなんとか着替え、朝ヨーガに出かけました。学院まで約50分歩くと少し元気になり、ヨーガをして、その後足圧法をしていただくともっと元気になり、仕事に出かけられました。本断食中もヨーガに参加することでより元気になれたので、夜のヨーガにも出かけたりしていました。
 説明会から4週間が経ち、体重は4㎏減、身体全体から脂肪が落ち、きつかった洋服が余裕をもって着られるようになったことに幸福を感じています。あわよくば、わたしの考え方の悪い癖である、考えすぎ、心配のし過ぎ、ストレス・・・なども改善すればいいなとも思っていたのですが、そこまではまだ実感できておりません。ヨーガの心地よさを知ったので、今後ヨーガを通して精神面も解放できたらよいなと思います。

Cさん
 講座期間中は毎日今日一日を過ごすのが精一杯でしたが、おかげさまで無事ここまで来られました。
 朝ヨーガ参加は、初日に講座仲間が背中を押してくれたお陰です。始まる前は行けるか半信半疑でしたが始まってからは慣れない早起きでしたが、迷いはありませんでした。また朝ヨガのおかげで朝遅い生活だったのが講座以降、早くなりました。皆さんそうお話されていましたが「着いたらずっと横になっていようと思って家を出たけれど、朝ヨーガレッスンに参加したら楽になった」日がありました。これまで体をいたわろうとして休め過ぎていたようです。今は以前より疲れにくくなりました。断食講座のレッスン、ミーティング、物理的に可能だったので全てに参加しました。そうでもしなければ自分にはとてもやり遂げられないような気持ちで、今思うと余裕がなくずいぶん力んでいました。話を聞いていただき、質問もさせていただきました。レッスン、ミーティング以外の空き時間、朝昼食時なども学院のすがすがしい空気の中、見守られている安心感がありました。毎日の連絡網も心強かったです。

Dさん
 7月にプチ断食講座を受講してから、胃腸がすっかり治ったので本断食も受けようと思っておりました。
 水曜の朝、目覚めると頭がクラクラ、気持ちが悪く動悸までして、とても焦りました。いつもなら10分の駅までの道が倍もかかり、駅の階段は使えずエレベーターを使うくらいしんどく朝ヨガに遅刻しました。朝ヨガとその後のレッスンも受け、昼の断食レッスンも終わった頃には、すっかり元に戻った感じでした。体調が悪いときに身体を動かすと良くなるのは本当に驚きでした。
 とても遠方から参加されている方が朝ヨガに5日間休まずにいらしていました。私もその方を見習って休まずに行くことができました。仲間は有難いと思い知りました。
 復食期に入ると、微妙な体重に変化しかなくココが頑張りどころなのかと思います。仲間達とこまめに連絡を取り合い励まし合いながら1週間が過ぎていきます。ここにきて連絡網の有り難みがしみじみわかりました。

Eさん
 1日目。たった1日目で、朝にお粥を食べたのに、朝ヨガを終えて帰宅途中に突然の吐き気と倦怠感。バスから降りた途端に嘔吐してしまいました。それからの1日は猛烈な眠気との闘いで、職場で目を開けて座っているのがやっとの状態でした。「なぜ」という疑問と「これでは続けられない」という不安な1日を終える頃、疑問や不安は「どうでもいい」「辞めたっていい」という諦めの気持ちに変化していきました。断食に参加を決めたのは自分自身なのだから、辞めてしまうのだって自分で決められると思い始めると気持ちが楽になっていきました。そして明日の朝も体調がこのままだったら辞めようと決めて眠りました。
 翌朝、辞めてしまうつもりで起床すると、昨日のあの辛さが全く感じられないことに気がつきました。朝ヨガに参加して1時間ゆったりとヨーガを行うと、体が軽くなり気分もみるみる良くなっていく感覚がありました。あんなに辛かった昨日が嘘のようでした。きっと出来るという根拠無き自信が何かの拍子に不安へと切り替わったとき、身体が拒絶反応をしたのかもしれません。だからこそ「辞めたっていい」という安心を得たとたんに体調が良くなる。心と体はこんなにも繋がっていて、こんなにも反応が早いのかと思い知らされました。
 気楽に行こう。迷ったら相談しよう。辞めたっていいけれど辞めなくてもいい。そう決めて過ごすことでその後は不調になることは一切無く、食べていないことを忘れるくらい元気に過ごせました。
 不調を感じた時こそヨーガをするというこれまでに無かった習慣が身に付きつつあるのが最大の収穫です。日常に疲れた時こそあの数日間を思い出し、深呼吸とヨーガをしてみようと思います。その後のことは、その後で考えればいいと思えるからです。

ヨーガ断食講座詳細:

【 場所 】: 友永ヨーガ学院 荻窪本校

【 監修 】: 友永淳子

【 講師 】: 友永乾史遠山智子、他

【 費用 】: 会員 37,000円・一般 40,000円(税別・テキスト・材料費込)

【 申込 】:予約フォーム、受付デスクにて承ります。
(恐れ入りますが、お電話での受付は致しておりません)

  • 第115回初夏のヨーガ断食講座に申込む
    ウェブからのお申込は終了しました。6/14 update
  • 荻窪本校:03-3393-5481

(会員の方へ:ご予約の際には会員証のご用意をお願いします。)

 •  説明会の参加時間(10時又は17時)、申込金 5,000円(*)を添えてお申込み下さい。残りの講座代金は断食説明会当日にお支払いください。銀行振込も可能です。お振込の場合は、振込手数料のご負担をお願いします。

  • * 申込金は講座費用に含まれます。残りの費用は説明会(面談)終了後に受付にてお支払下さい。
  • ※ 6/7(金)迄のキャンセル、説明会参加後のキャンセルは全額返金致します。尚、銀行振込での返金の場合、振込手数料をご負担頂きます
  • ※ 体調や体重、既往症から、当方の判断でご参加をお断りする場合がございます。その際はお支払頂いた費用は全て返金致します
  • ※ 講座期間中に3回以上レッスンを受講できることが参加の条件になります。
  • ※ ご予約は申込金のご入金確認後、確定となります

【注意事項】:
①ご参加を決定された方は、説明会の後に講座期間中の食料・飲料を手提の紙袋にてお持ち帰り頂きます。かさばり、重いで、手提げが疲れる方は、大きめのショルダーバック・リュックサックをご持参下さい。

ヨーガ断食講座(ヨガファスティング)のページへ

ヨーガ断食講座のコラムへ