マンゴー通信 – ヨーガやインド、心と身体の健康などに関すること。 – 友永ヨーガ学院
11.12.11
095号
友永乾史
(友永ヨーガ学院理事、マンゴー通信編集長)


What's Mango Express?~マンゴー通信のご紹介~

 ただひたすらマンゴーを食べるときのようにヨーガを味わって欲しい、インド原産のマンゴーのように多くの人に愛されたい、そんな気持ちで書いています。ヨーガやインド、心と身体の健康などに関することをテーマにほぼ毎週アップします。

バックナンバーはこちら

第95号 ヨーガ的お産のすすめ vol.2


友永ヨーガの会報誌 別冊 Prana 2号からの転載です。

特集「ヨーガ的お産のすすめ」 by 高橋トーマス流美講師 – 2回目の連載です。vol.1 はこちらから。

ヨーガ的お産のすすめ

 妊婦はなにより明るい気持ちでいることが大切。といっても、意思の力だけでは、なかなか明るくなれないですよね。友永院長がよくおっしゃいます「ヨーガをやっていると、先の事をクヨクヨ思い悩む能力がなくなる」と。これこそ、まさにヨーガがお産に効く理由だと感じます。人事尽くして天命を待つ、万事身体に聞いて身体に任せる、原始脳に任せるというか。

 妊婦の子宮のなかで280日の間繰り広げられる壮大なドラマを考えてみてください。はじめは胡麻粒のような命が、魚になり、両生類になり、そして胎児へと変化していく、35億年の生命の進化が凝縮されています。ちっぽけな人間の脳みそで、ああだこうだ思い悩んだところで、こんな精妙な神業の前では無力です。安心して白旗を掲げましょう。大いなるものと繋がって、シャバアーサナで陣痛に身を預けられたら、命を信じて空っぽで、新しい命をこの世に届ける「天の筒」であれたら、それは最高のお産です。

 生涯でヨーガに出会えただけでもラッキーですが、妊娠前にヨーガに出会えた人は、超ラッキー。妊娠・出産を通して、ヨーガをお休みする必要も、禁止のポーズもありません。もちろん弓の体位やコブラのポーズなど、妊娠中期以降、物理的にできなくなる体位はありますが、基本はすべて、その時の自分の身体に相談。赤ちゃんと母体は一体化しているので、母体に不安や不信感がなければ、赤ちゃんは大丈夫。チャクラも頭立も OK 。妊娠を機にヨーガに出会ったラッキーな方は、まず身体の声を聞くことから始めてみてください。

妊娠・出産・子育てにおすすめのヨーガポーズ

うさぎの体位

• 昼夜ない授乳と抱っこで疲れたお母さんの腕、背中、頭を心地よくほぐします。

うさぎのポーズ(シャシャンカ・アーサナ)

①正座して呼吸を整える ②息を吸いながら、手を腰の後で組み、胸を反らせる ③吐きながら前屈し、頭頂をつき、組んだ手を天井に上げるとともに腰を上げる ④自然な呼吸で、首の後ろを伸ばす ⑤吐く息で腰をかかとまで下ろし、吸う息で上体を起こし、最後は胸の前で合掌して息を吐く

のび猫の体位

重くなるお腹を逆さにして、背や腰を解放し、肩まわりをほぐします。逆子直しのポーズ。

のび猫の体位

①正座になって足は腰幅(妊娠中はお腹を逃せる幅)に広げる ②両手を前について息を吐く ③吸い入れながら、背を反らし腰を前に押し出す ④吐いて前屈、手を前にすべらせて腰をかかとからもち上げる。アゴか額を床につけて内臓の力を抜き、肩と胸の力も抜く。そこでしばらく自然呼吸 ⑤吐く息で腰を落とし、吸う息で上体を起こす

合蹠前屈の体位

• 腰回りの筋肉を柔軟にし、骨盤の開閉力を高めます。婦人科疾患の改善にも効果的。

合蹠前屈の体位

①両足裏を合わせ、恥骨にかかとを引き寄せる(※) ②両足親指に両手をかけ、息を吐いて、背を丸め、おへそを見る ③吸いながら腰を引きつけて背すじを立てる ④吐きながら、腰を押し出すようにして前屈し、肘・額の順に床につける ⑤そのままの自然な呼吸で10 ~ 20秒保つ ⑥吸いながら、背骨を1個づつ積み上げるように上体を起こす

(※)妊娠後期は、恥骨とかかとの間にひし形をつくってお腹を逃がす(写真参照)

合蹠合掌法の体位

肋骨と骨盤を整え、同時に肚の深層筋も鍛えます。産前も産後も肚の力が肝心!

合蹠合掌法の体位 1 (バッダ・コーナ・アーサナ)
合蹠合掌法の体位 2 (バッダ・コーナ・アーサナ)

①両手を合わせて合掌、両足を合わせて合蹠、胸と恥骨に引き寄せる ②手と脚とを吸い入れながら伸ばす、吐きながら引き寄せる ③呼吸に合わせて、吸って伸ばし、吐いて引き寄せる。これを20回行う

お産を助ける伝統の知恵

 ヨーガ以外にも、日本には妊婦を助ける豊かな知恵が、まだたくさん残っています。病院では教わらないケアのあれこれ、知らないともったいない!

◎安産灸

 冷えとりから子宮の引き上げ、よもぎ蒸しまで、本当にお世話になりました。子宮をやわらかくするツボに印をつけてもらい、臨月近くには毎晩、自宅で夫にお灸をしてもらいました。

◎骨盤体操

 骨盤の開閉力を高める整体体操。老若男女の健康促進に役立ちますが、妊娠・出産に際しては効果絶大。整体では、出産を体質体型を改善する好機と捉えます。私は胎盤の出た直後に、助産院の床にマットを敷いて、ガツンと骨盤を閉めました。そのおかげか産後の回復も早く体重と体型は1ヵ月ほどで元通りに。妊娠前にマスターしておくのが理想です。

◎産後1ヵ月までがお産

 産後1ヵ月は、水仕事はすべて家族に任せ、できるだけ横になって赤ちゃんのお世話と母体回復に専念してください。これを実践するかしないかで、老後の体力が全く違うと言われています。私は2回のお産とも、贅沢に両家族にたっぷりと借りをつくりました。遠くから泊まりに来てくれた家族と、普段できない深い話もでき、今では忘れられない貴重な思い出です。

◎目を酷使しない

 子宮と眼は同じ経絡に属しているため、目が疲れると、子宮に充分なエネルギーがいきません。パソコンやテレビ、読書、編み物などは極力控えて。実はこれが一番難しい。ヨーガと散歩で頭モードから身体モードへ!

◎アロマテラピー

 妊娠線予防や会陰部マッサージ用の調合から、陣痛促進、腰痛緩和、母乳促進、疲労回復の調合まで奥が深く、好みの香りを選ぶことで、優雅な気持ちになります。

ヨーガ的お産 – おすすめ参考図書&健康法

◎健康法

ヨーガ断食講座楽健法(足圧法):友永ヨーガ学院にて行っております。

◎書籍

・ ヨーガ断食で美しく健康になる 友永淳子著(筑摩書房)
・ 自然に産みたい 橋本知亜季著 (地湧社)
・ スローライフでいこう エクナット・イシュワラン著 (早川書房)
・ 『幸せなお産』が日本を変える 吉村正著 (講談社α新書)
・ 分娩台よ、さようなら 大野明子著 (メディカ出版)
・ 二人ヨーガ楽健法 山内宥厳著 (楽健法研究会本部)
・ 骨盤教室 寺門琢巳著 (幻冬舎)
・ 誕生前後の生活 野口晴哉著 (全生社)
・ 産むブック 戸田りつ子著 (農山漁村文化協会)
・ ナチュラルなお産 宗祥子著 (大泉書店)